ミノコバイモ

絶滅危惧2類

ユリ科バイモ属

分布 愛知県 岐阜県 三重県

花期 3〜4月

特徴
 花は鐘形。花披片は外面の突起がカイコバイモより著しい。紫褐色の網目状の斑点が目立つものが多く、先端はとがる。葯は白色。

撮影手記
 東海道本線夜行普通列車の大垣行きに乗り、愛知県の藤原岳へ。目的はミノコバイモ。 藤原岳は、早春のフクジュソウの群落で有名な山。花の種類も多い。登りの途中で終わりかけた株一株みつけただけで、がっかりして帰路に戻る途中、山道で出会った人に咲いているよと、引き返して、案内していただき撮影することができた。

1985年3月31日  藤原岳
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  ユリ科へ