フウラン

絶滅危惧2類

ラン科フウラン属

分布 本州関東・中部以西・
    四国・九州・沖縄

花期  6〜7月

特徴
 細い気根を出し、樹木に着生する常緑の多年草。葉は厚くてかたく、長さ5〜10センチ。幅6〜8ミリの広線型で弓状に湾曲する。葉の基部に関節があり、冬を越した葉は関節から落ちるため茎は古い葉鞘におおわれている。花茎は長さ3〜10センチになり、白い花を3〜5個つける。萼片と側花弁には長さ約1センチの線状披針形。唇弁は3裂する。距は細長く、ゆるく湾曲して垂れ下がる。

撮影手記
 園芸では古典植物「富貴蘭」として人気高く、なかには一株数百万円するのもあり、盗掘は絶えず、残念ながら野生種は今ではほとんど見ることはできない。

左 1990年7月15日 千葉県 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
下 1984年7月 6日 静岡県 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ