シロオニタケ

テングタケ科

夏から秋

特徴
シイ・カシ林などの地上に発生。中・大型種。傘は白くイボを密生する。柄は白色で細かい鱗片に覆われ、根本は傘と同じくイボが多数輪状に付着。つぼは早落性。

撮影手記
珍しい野草を求めて南高尾を仲間と歩く。白くて、でっかいキノコと出会う。タマゴタケの仲間と思い撮影。毒タケかなと思ったけれど、食用には適さないけれど無毒。

左 2015年9月27日 南高尾
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
左下  2016年7月31日 高尾山 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  きのこ・トップヘ