ヤマラッキョ

ユリ科ネギ属

分布 本州福島県以西・四国・九州

花期 9〜10月

特徴
 山地の草原に生える多年草。鱗茎は狭球形で長さ2〜4センチ。ニラ臭少ない。花茎は高さ30〜60センチ。基部に3〜5個の葉をつける。葉は円錐状で長さ20〜50センチ。幅2〜5ミリ。断面は純三角形。茎頂に紅紫色の花を多数、散状につく。

撮影手記
 MAさんの案内でムラサキセンブリの自生地へkさんともに行く。晩秋の草原の秋のお花畑は、ヤマトリカブトセキヤノアキチョウジヤクシソウ等の彩りを楽しむ。 ヤマラッキョも見ることが出来た。赤い坊主頭のようでいて、可愛い花だ。

1987年10月11日 富士山周辺の山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  ユリ科へ