ヤブラン





ユリ科ヤブラン属

分布 本州・四国・九州・沖縄

花期 8〜10月

特徴
 山野の木陰に生える多年草。葉は根生し長さ30〜60センチ、幅0.8〜1,2センチの線形。花茎は高さ30〜50センチになり、淡紫色の花が総状にたくさんつける。種子は直径6〜7ミリの球形の光沢のある黒色。

撮影手記
 山野草というより、庭の下草のイメージがある。山野の木陰に生えていて、明治の森・国定公園の高尾山では、晩夏から秋にかけて山道行けば普通に見ることが出来る。

左 2002年9月15日 南高尾山地域
キャノンEOSー1 EF50ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ