タカネシュロソウ

ユリ科シュウロソウ属

分布 中部地方

花期 7〜8月

特徴
 亜高山帯から高山帯に生える多年草。高さ20〜40センチ。葉は根生または茎の下部に集まり、葉身は細長く、長さ6〜15センチ。無毛。基部は葉鞘に続く。鼻は直径1〜1.2センチ。花は紫褐色、花披片は内側に曲がる。

撮影手記
 尾瀬・至仏山の高天原にて撮影。下界での酷暑を忘れてしまうくらいの冷気は登りで疲れた体をたちまち癒してくれる。撮影後、さらに冷たい雨が降ってきた。

左  2013年8月4日 至仏山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
左下 1991年7月29日 白馬岳
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ