シュロソウ

ユリ科シュロソウ属

分布 北海道・本州

花期  7〜9月

特徴
 根もとの葉鞘にショロの毛のような繊維があることから、この名前がある。アオヤギソウの変種であり、オオシュロソウともいう。高山には、タカネショロソウが咲く。

撮影手記
 新幹線とバスを利用して滋賀県の伊吹山へ日帰り登山。お金もかかったけれど、撮影の収穫も大きかった。シュウロウソウはよく見かける花で、千葉県の海岸に近い山でも数多く見ることが出来た。

1999年8月8日 伊吹山
キャノンF−1  タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ