スズラン

ユリ科スズラン属

分布 北海道・本州・九州

花期  4〜6月

特徴
 キミカゲソウというロマンチックな別名がある。山地や高原に生える多年草。葉は卵形楕円形で長さ5〜10センチ、幅3〜7センチ、ふつう2個で鞘状。表は濃緑色、裏面は粉白色帯びる。花序は5〜10センチ、ややまばらに10個内外の芳香ある白い花をつける。花は長さ6〜8ミリの鐘形で、、花披裂片は反り返る。

撮影手記
 花の浮島、礼文島の西海岸を一人歩く。草地に咲くスズランの花を見つけた。香りあり、かわいらしい花のスズランは人気があり、観光地の目玉として、あるいは栽培され花屋さんの店頭に並んでいる。けれど、人しれずに咲いているスズランの方に魅力を感じる。

1985年6月6日  礼文島
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ