シオデ

ユリ科シオデ属

分布  北海道・本州・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
 若葉は山菜として人気。和名はアイヌの方言シュウオンテからきたものという。山野に生える多年草。茎はつる状に長くのびる。葉は互生し、長さ5〜15センチの卵形長楕円形で5〜7脈あり、厚くて光沢がある。葉柄は長さ1〜2.5センチで基部に托葉の黄緑色の小さな花をつける。雌雄異株。雄花は花披片は長さ4〜5ミリの披針形。雌花は花披片は長楕円形でやや小さい。

撮影手記
 仲間と信州・野草撮影巡り。私が野生のキキョウを撮影していないリクエストに応えてくれて自生地へ。そこで、キキョウともに、シオデも撮影できた。


2003年8月3日 長野県 木曽路
キャノンEOSー1 タムロン90ミリ

トップヘ   ユリ科へ