シライトソウ

ユリ科シライトソウ属

分布 本州秋田県以南・四国・九州

花期 5〜6月

特徴
 山地の林内や谷沿いに生える多年草。根生葉は放射状に展開し、倒披針形で長さ8〜14センチ。ふちは細かい波状になる。花茎は高さ15〜40センチ。線形の茎葉がつく。茎頂に長さ10〜20センチの総状花序を出し、白花をたくさんつける。花は下から順番に開き、花披片は先が太い線形で、上方の4個は長く長さ8〜12ミリ。下方の2個は短い。

撮影手記
 花茎が細く、長くて、風に揺れやすく撮影しずらい野草のひとつ。日本人好みの清楚な花で、私好みでもある。

1985年6月2日 磐田市
キャノンF−1 FD50ミリマクロ
トップヘ  ユリ科へ