ササユリ

ユリ科ユリ属

分布 本州中部以西・四国・九州

花期 6〜7月

特徴
 平地から丘陵、山地に生える、高さ0.5〜1メートルの多年草。葉は長さ7〜15センチの披針形、茎の先に長さ10センチの漏斗形の花を横向きに開く。淡紅色で芳香りがある。

撮影手記
 Tさんの古くからの知人のOさんの案内で静岡県の磐田市周辺の植物探索に。Kさん、MAさんともに。静岡県というより、島を除けば本州唯一のガンセキランの自生地(その後盗掘により絶滅?)やヤマトキソウなど珍しい花を見られてた。Oさんは、トンボの研究家として著名な方であり、道中、トンボや自然保護のお話を聞くことが出来て、とっても有意義な一日になった。ササユリ。東のヒメサユリ。西のササユリと、美しいユリ属の中でも東西をそれぞれ代表する東西のミス百合というべきかな。

1985年6月2日 静岡県磐田市
キャノンF−1 FD50ミリマクロ
トップヘ  ユリ科へ