オオバタケシマラン

ユリ科タケシマラン属

分布 北海道・本州

花期 6〜8月

特徴
 茎は高さ0.5〜1メートルで2〜3分岐する。葉は長さ6〜12センチ、基部は茎を抱き込み、ふちに毛がある。花柄の途中に関節がある。花披片は白緑色で先は反り返る。

撮影手記
 尾瀬の燧ヶ岳から尾瀬沼への下り道で撮影。下り道で三歳くらいの男の子づれの家族とすれ違う。ヨチヨチと下る男の子を見て、こんな岩ばかりの道。万が一転んだらと思うと。無理して連れてこなくてもいいのではと思った。

1993年8月13日  燧ヶ岳
キャノンF−1 タムロン90リマクロ

トップヘ  ユリ科へ