オオバナエンレイソウ

ユリ科エンレイソウ属

分布  北海道・東北

花期 5〜6月

特徴
山野の湿地や林内に生える多年草。茎は高さ30センチ。葉は先端に3個輪生し、菱形状円形。花は1個頂生し、直径5〜7センチの白花。外花披片は3個は緑色で長さ3センチ。内花披片3個は白色で、長さ4センチ。

撮影手記
 テシオコザクラ撮影に道北の名も知れない沢へ、仲間ともに行く。 ヒグマの影におびえながら沢を登る。なんとか目的の花を撮影し、帰りがけにオオバナエンレイソウを撮影した。エンレイソウの中でも最も大きく可憐な花である。

1992年5月24日  北海道・道北
キャノンイオス650 EF100ミリマクロ

トップヘ   ユリ科へ