オオバジャノヒゲ

ユリ科ジャノヒゲ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
 別名リュウノヒゲ。細い葉を蛇や竜にたとえたもの。ひげ根の一部が肥大したものを麦門冬とよび薬用とする。山地の林内に生える多年草。根は根生し長さ10〜20センチ幅2〜3ミリの線形。花茎はやや扁平で高さ7〜15センチになり、白色または淡紫色の花を総状につける。種子は直径7ミリで碧色。

撮影手記
 高尾山系の影信山にて撮影。このときは目的の花が中途半端な状態であり、早めに山を下りた。その途中に咲いていたオオバジャノヒゲを目的達成できなかったなぐさみに撮影した。早めに帰宅して、都議選の投票へ。この年の都議選は来るべき衆議院の前哨戦で注目を浴びていた。

2009年7月12日 神奈川県 影信山
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ