ニッコウキスゲ

ユリ科キスゲ属

分布 本州

花期 7〜8月

別名 ゼンティカ。最近はエゾキスゲと同一品種の説もある。低山帯から高山帯の草地や湿地に生える多年草。高さ50〜80センチ。葉は両面とも無毛。主脈は明瞭。ふちはざらつく。花序はカタツムリ形集散花序で3〜4個花をつける。雄しべは花披筒につく。

撮影手記
 尾瀬や霧降高原・霧ヶ峰などニッコウキスゲを売りとした観光地や湿原は多い。会津の駒止湿原もそのひとつ。周期的に開花が大豊作になるという。一方通行の湿原をのんびりと歩く。ニッコウキスゲの群生は多くのハイカーに感嘆の声が響いていた。 

上・左上 1988年8月2日 鳥海山 キャノンF−1 FD50ミリマクロ
右・上   2001年7月8日 駒止湿原 キャノンEOSー1 EF100ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ