キチジョウソウ

ユリ科キチジョウソウ属

分布 本州関東以南・四国・九州

花期 8〜10月

特徴
この花が咲くときには良いことがある(吉事)から名付けられた。暖地の林内に生える多年草。葉は根生し、長さ10〜30センチの広線形。花茎は高さ8〜12センチになり、淡紅紫色の花が穂状につく。花被片は長さ0.8〜1.2cmで、下半部は筒状に合着する。液果は直径6〜9ミリの球形、赤く熟す。

撮影手記
庭先や公園など植えてあるキチジョウソウはよく見かけるが、野生のは見たことはなかった。高尾山に詳しい友人に自生地を教えていただき、今が見頃と聞き喜び勇んで現地に行った。

2015年10月12日 高尾山 
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
下  2016年10月23日 高尾山 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ