キンコウカ

ユリ科キンコウカ属

分布 北海道・本州中部以北

花期 7月

特徴
 低山帯から亜高山帯の湿った岩場や湿原に生える多年草。高さ15〜60センチ。葉の長さは2〜35センチ。無花茎の葉はより長い。花は直径1,5センチ、1節に1個つく。

撮影手記
尾瀬・アヤメ平のアヤメはキンコウカのこと。
また8月はじめの尾瀬ヶ原は、キンコウカのシーズンとなり、群落になって咲いている。
 田中澄江著「花の百名山」には会津田代山が掲載されており、キンコウカがこの山を代表とする花になっている。06年は梅雨明けが遅れ、キンコウカの花はようやく咲き始めの感じで、この山の名物の一面の黄色の絨毯は見ることは出来なかった。

左  2012年8月5日 尾瀬ヶ原
キャノン50D EF50ミリマクロ
下 2006年7月23日 会津田代山
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ