キキョウラン

ユリ科キキョウラン属

分布 伊豆諸島・小笠原・紀伊半島・四国・     九州・沖縄

花期 5月

特徴
 花野色がキキョウににていることから。葉は2列に互生し、長さ50〜60センチ、幅1〜2センチの広線形で厚く光沢がある。基部は2つおりになって花茎を包む。花茎は高さ0.5〜1メートルになり、花は青紫色でまばらな円錐状につく。花披片長さ6ミリの狭楕円形で反り返る。

撮影手記
 伊豆諸島のある島において、めずらしい野生ラン撮影後、キキョウランという、こちら関東ではめったに見ることが出来ない花に会えた。行きがけの駄賃というよりお年玉をもらった気分だ。

2001年5月13日  東京都
キャノンEOSー1 EF100ミリマクロ

トップヘ   ユリ科へ