イワショウブ

ユリ科チシマゼキショ属

分布 本州

花期 7〜8月

特徴
 亜高山帯の湿原に生える多年草。根生葉は長さ10〜40センチの線形。花茎は高さ20〜40センチ、白色から淡紅色の花を総状につける。花披片は長楕円形で長さ5〜7ミリ。花序や花柄に腺毛があり、ねばる。

撮影手記
 旧盆のころの尾瀬ヶ原は、六月のミズバショウ・7月のニッコウキスゲのような華やかさはない。しかし、イワショウブやキンコウカミヤマアキノキリンソウとにぎやかである。05年は家族で、のんびりと尾瀬沼周辺を歩いた。

左 2005年8月15日 尾瀬沼
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
左下 2015年8月30日 尾瀬沼
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ