ホトトギス

ユリ科ホトトギス属

分布 本州関東以西・四国・九州

花期 9〜10月

特徴
 花の斑点をホトトギスの胸の斑点に似ていることが名前の由来。山地の崖などやや湿った所に生える多年草。茎の高さは0.4〜1メートル。上向きの毛が密生する。葉は長さ8〜12センチ。基部は茎を抱く。花は葉腋につき、長さ2.5センチ。内側に紅紫色の斑点がつく。

撮影手記
 表丹沢の新茅ノ沢のまき道の登山道より丹沢表尾根をめざす。急登につぐ急登の一時間半のコース。バテながら登りつく。尾根道に咲いていたホトトギスを息を整えながら撮影した。

1985年9月8日 丹沢
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ