ヒメニラ

ユリ科ネギ属

分布 北海道・本州・関西以北・四国

花期 3〜5月

特徴
 山野に生える多年草。わずかにニラに似た臭気がある。葉は花茎の基部につき、長さ10〜20センチで断面は三角状。花茎は6〜10センチ。先端に白色、またはわずかに淡紅色の花を1〜2個つける。花披片の長さは4〜5ミリの長楕円形。雄しべの無いものが多く、鱗片で増える。

撮影手記
 93年。いつもの仲間と小淵沢・甲斐小泉周辺へ。現地でYさんと友人の地元のプロカメラマンさんに案内していただく。ヒメニラの自生地にて、ふと、見上げると残雪に輝く甲斐駒ヶ岳が美しかった。
17年、山梨県のある山へコシノコバイモ撮影にいく。歩いていてニラの臭い強く、足下を見るとヒメニラが咲いていた。

左 2017年4月9日  山梨県甲府市
オリンパスTG−4

1987年4月12日  山梨県小淵沢 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
 2015年3月29日  山梨県大月市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2015年4月12日  山梨県甲府市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ユリ科へ