ヒメアマナ

危惧種1B類

ユリ科アマナ属

分布 北海道・本州・九州

花期 3〜4月

特徴
 湿った草地に生える多年草。全体が弱々しい。根生葉を1個だけ出す。線形で長さ10〜20センチ幅2ミリほど。先端に2個の苞葉があり、その上に1〜3個の花茎の先に淡黄色の花が咲く。苞葉の長さは1〜3センチ。小花柄は細く、長さ8〜9ミリ。

撮影手記
 茨城県の小貝川の極一部の河川敷に、珍しい野草が集中しており、われわれ花追い仲間のフィールドのひとつ。ただ、この地も最近は河川敷を無意味な公園化しようとしている。地元の土木業者を潤うにはいいかもしれないけれど、貴重な自然は一度壊すと二度と再現はできない。

1987年4月5日  茨城県
キャノンF−1 FD100ミリ・50マクロ

トップヘ  ユリ科へ