エンレイソウ

ユリ科エンレイソウ属

分布  北海道・本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 林内の湿った所に生える多年草。茎は高さ20〜40センチ。葉は3個が茎頂に輪生し、菱形状円形。花は1個頂生し、外花披片は緑色または褐紫色で3個あり、長さ1.5〜2センチ。内花披片はふつうない。雄しべの葯は花糸よりやや短い。

撮影手記
 那須・沼ノ平湿原。五月初めはまだ湿原に咲く花は少ない。ヤマザクラ・フデリンドウヒメイチゲ・エンレイソウの花を見る。沼の平はこれから華やかな季節に入っていく。今はその序章と言ったところ。
左 1991年5月12日  那須
キャノンF−1 FD50ミリマクロ
左下  2014年5月25日 尾瀬
キャノンEOS 50D  EF50ミリマクロ

トップヘ   ユリ科