ヨウラクラン

ラン科ヨウラクラン属

分布 本州宮城県以西・四国・九州・沖縄

花期 5〜6月

特徴
 樹幹や岩上に着生する、高さ4〜8センチの着生ラン。葉は肉質で、扁平で2列に数対密生してつく。花は茎頂に2〜8センチの花穂を伸ばし、淡黄褐色の小さな花を総状に多数つける。

撮影手記
 千葉県成東市のある神社の梅の木に着生している情報を仲間から得た。このヨウラクランは、知る人ぞ知る有名な?ヨウラクラン。目の位置で容易に撮影できるからだ。ここで撮影されたヨウラクランは、植物図鑑に多く紹介されている。残念ながら、このヨウラクランが着生していた梅の木は今は朽ちてない。
 中左の写真は清澄山で撮影。これも、着生していた梅の木が朽ちてしまい、今はない。中右は盗掘されて今はない。

左  1988年5月28日  成東 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

 1989年5月28日  千葉県
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1996年5月26日 高尾山
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

上  2010年5月30日 東京都 キャノンEOS50D EF50ミリ タムロン90ミリマクロ

2014年5月25日 東京都
キャノンEOS50D EF50ミリ 
2015年5月24日 東京都
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ  
2015年5月24日 東京都
キャノンEOS 50D タムロン100ミリマクロ  
トップヘ  ラン科へ