ヤクシマヒメアリドオシラン

絶滅危惧2類

ラン科ハクウンラン属

分布  長野県・九州

花期 8〜9月

特徴
 樹林下に生える多年草。長野県の自生地で見たのは2〜3センチ程度。本場の屋久島では5〜10センチになるらしい。横に這い立ち上がって花茎を伸ばす。葉は小さく広卵形〜卵円形、長さ0.5〜2センチ。花は白色で1〜3個つける。唇弁の先は2つに分かれ、先は菱形。ハクウンランと比べて葉は丸みが少ない。

撮影手記
 Mさんの案内により、TさんUさんMAさんと。「まさかこんなに小さいなんて。よく、見つけられたモンだ」が、我々の最初の一言。 
 屋久島で、このヤクシマヒメアリドオシランを見ているMAさんも、長野産の小ささに驚いていた。。撮影後、仲間とはぐれてしまい、約一時間さまよってしまった。

2003年8月3日 長野県
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ