ウスギムヨウラン

ラン科ムヨウラン属

分布 本州静岡以西・四国・九州

花期 6月

特徴
 常緑広葉樹林の林床に生える、高さ10〜30センチの腐生ラン。花茎は最初黄褐色のち黒色。花は半開し、唇弁は白色で内側に赤紫色の毛が生える。

撮影手記
 88年MAさんと磐田市へ。ウスギムヨウランを撮影。85年に訪ねたときは、花はすでに終わっていただけに、そのリベンジに。ムヨウランの仲間では、一番地味な花だと思う。ムヨウランの自生地はいずれもヤブ蚊が多い。

1988年6月5日  磐田市 キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ