タシロラン

絶滅危惧2類 

ラン科トラキチラン属

分布  関東・東海・関西・山陽・四国・九州

花期 6〜7月

特徴
 暖温帯の樹林帯の林床に生育する腐生ラン。花茎の高さは25〜50センチ。全草白色〜黄味がかった白色。花は多数つけ、花被片は細く、唇弁は卵形で先は細かい刻みがある。咲き始めは下を向いている。和名は植物学者より。

撮影手記
  トラキチランの仲間の中では最も出会い易い。初めてタシロランを撮影したのは海岸近くの林の中。数多く群生しいいた。以後のタシロランの出会いは他の野草撮影を目的に行ったときに出会うことが多い。ヒメノヤガラを探しに神奈川県の丘陵を歩いたときも、ヒメノヤガラより先に出会い、ヤブ蚊にさされながら撮影をした。
17年は友人と埼玉県の丘陵地の野生ラン巡りしたときに案内していただき撮影することができた。

2017年7月16日 埼玉県  オリンパスTG−4
1992年7月9日  三浦半島
 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1996年7月12日 真鶴市 
  キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
2002年6月16日 神奈川県
 キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
2002年6月16日 神奈川県
 キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
2017年7月16日 埼玉県
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2017年7月16日 埼玉県
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ