タカネフタバラン

ラン科フタバラン属

分布 北海道・本州中部

花期 8〜9月

特徴
 亜高山帯の針葉樹林の林床に生える、茎の高さ15〜20センチの多年草。葉は長さ1.5〜3センチ、幅2〜3センチ。花梗に細かい線毛と2〜3個の鱗片葉がある。花は黄緑色、萼片の長さは約2ミリ、唇弁は3〜4倍長、浅く2裂し、裂片は楕円形で先はとがらない。

撮影手記
 85年、白峰三山二泊三日の山旅。初日は広河原から御池小屋へ、のんびりと行く。樹林の中、タカネフタバランを見つけることが出来た。透き通った緑色の美しい花。

1984年9月9日 北岳  
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1985年8月24日 北岳  
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ