スズムシソウ

希種

ラン科クモキリソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4〜6月

特徴
 花を鈴虫に見立てもの。セイタカスズムシソウとよく似ているが、葉面に網状脈が浮き出す。花茎の高さ10〜20センチ、淡暗紫色の花を10個ほどつける。側弁花は線形。唇弁は長さ1.7センチ。

撮影手記
 85年MAさんと山梨県のある山へスズムシソウを探しにある山へ。さい先良く、歩き始めてすぐに見つけることができた。昔は、リンリンと沢山咲いていたのだろう。二年後再び花追い仲間と訪ね撮影。その後ここの自生地は盗掘され、その後17年まで再会することはなかった。
1985年5月26日 山梨県
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
  2017年5月25日  山梨県  左・中 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ 右 オリンパスTG−4
トップヘ
  ラン科へ