シュンラン

ラン科シュンラン属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 3〜4月

特徴
 乾燥した林内に生える多年草。葉は長さ20〜35センチ。幅0.6〜1センチの線型。花茎は肉質で太く、高さ10〜25センチになり、膜質の鱗片におおわれる。花はふつう1個。萼片は帯緑色〜帯黄緑色で長さ3〜3.5センチ。側弁花はやや小さい。唇弁は白色で濃赤紫色の斑点がある。

撮影手記
 早春の山野・里山・雑木林で普通に見るむことができる野生ラン。一昔より数は少なくなった感じがする。

左 1992年3月22日 東京都福生 
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
1986年4月6日 道志・倉岳山 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1994年4月16日 高尾山 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左下 2010年3月28日 東京都秋川丘陵
キャノンEOSD50 EF50ミリマクロ
2015年4月19日 山梨県甲府市 キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ