セイタカスズムシソウ

希種

ラン科クモキリソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 7月

特徴
 山地の林内、岩上に生える多年草。偽球茎は卵球形。葉は長さ10センチ前後。花茎は高さ20〜40センチ。淡緑色を多数まばらにつける。側弁花とも長さ約9ミリで線形。唇弁は倒卵形で長さ9ミリふちに微鋸歯がある。

 撮影手記
 89年93年に撮影したセイタカスズムシソウは、鹿害により絶えてしまった。その後、スズムシソウともに長い間会えることはなかった。山梨県のある山では、スズムシソウならび時期をずらしてセイタカスズムシソウが咲いていることを聞く。六月中頃に訪ねたときは花茎がようやく上がっていたセイタカスズムシソウを発見。二週間後訪ねた時は咲き始め。さらに翌週訪ねて満足いく撮影ができた。

左  2017年6月25日 山梨県  オリンパスTG−4
1995年7月23日 山梨県
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
1989年7月23日 山梨県
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1989年7月23日 山梨県
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
上  2017年7月2日 山梨県 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ 

トップヘ  ラン科へ