サワラン

ラン科サワラン属

分布 北海道・本州中部以北

花期  6〜7月

特徴
亜高山帯の日当たりの良い湿原に生える、高さ20〜30センチの多年草。別名アサヒラン。花は紅紫色。花披片は開かない。葉は1個。線形で長さ4〜8ミリ、直立する。

撮影手記
 練馬の米屋さんIさんと高清水高原のヒメサユリを見に行く。が、すでに開花は全盛期は過ぎていた。そこで駒止湿原へ。ここでは、ニッコウキスゲの最盛期。管理人?の話だと近年にないニッコウキスゲの開花の当たり年だとか。サワランやトキソウもキスゲに負けずに最盛期。強すぎる夏の太陽の下、雲が遮るのを待ちながらのがまんの撮影になった。

2001年7月8日 駒止湿原
キャノンEOSー1 EF100ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ