レブンアツモリソウ

危惧種1A類

ラン科アツモリソウ属

分布  北海道・礼文島

花期 6月

特徴
 礼文島の草原に咲く、高さ20〜30センチの多年草。葉は3〜4個が互生し、長楕円形で、長さ5〜15cm、先はとがる。花色は淡黄色。側花弁は広卵形で先は短くとがる。

撮影手記
 あこがれの礼文島。この花を見たくてここまで来た。その美しさに盗掘があいつぎ、絶滅が心配される。ヤクザの資金源になるという、うわさも。上の写真も二日後に行ったら、根こそぎ盗まれていた。

1985年6月5・6日  礼文島
キャノンF−1 FD50・100ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ