オゼノサワトンボ

ラン科ミズトンボ属

分布 北海道・本州関東以北

花期 8月

特徴
別名ヒメミズンボ。オオミズトンボの変種。
高層湿原に生える草丈20〜40センチの多年草。花が全体に小さく、唇弁は5〜15ミリ。距が1センチと短いのが特徴。

撮影手記
オゼサワノトンボは私にとって宿題のような花であった。85年尾瀬ヶ原で見つけたときはまだ開花しておらず、その後撮影の機会を失っていた。ようやく12年、前回見つけた場所と異なる所で数株見つけて念願をはたせた。

2012年8月5日 尾瀬
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ