オオミズトンボ

ラン科ミズトンボソウ属

分布 青森〜関東

花期 8月

特徴
 日当たりのよい湿地に生える、高さ40〜60センチの多年草。葉は茎の下部に数枚つき、長さ10〜20センチで細い。 花被片は唇弁を除き純白色、側萼片は横に伸び、5〜7個つける。

撮影手記
 成東の天然記念物の食虫植物群落地の湿地にて撮影。旧盆、真夏のお天道様をあびながらの汗びっしょりかいての撮影になった。別名サワトンボ

1987年8月15日 千葉県成東
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ