オオバノトンボソウ

ラン科ツレサギソウ属

分布  本州・四国・九州

花期 7月

特徴
 山地や丘陵の林内に生える、茎の高さ30〜60センチの多年草。葉は茎の下部にやや大きい細い葉がつき、上に行くに従って小さくなる。
 花は淡黄緑色で10〜25花がややまばら穂状につく。

撮影手記
 低山に自生する。右の写真は、コクラン撮影目的で訪ねた偶然に発見。ヤブ蚊に歓迎されながらの撮影。下の写真は、ヤマユリを目的に埼玉県の里山へ。このときも、思いもかけずにオオバノトンボソウに出会えた。どちらかというと、このランはよく見かけるのだけれども、私は、なかなか開花期に出会えない。

左・1992年7月12日  三浦半島
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

下・2008年7月21日  埼玉県比企郡
  キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ