オノエラン

ラン科オノエラン属

分布 本州中部以北・奈良県

花期 6〜7月

特徴
 低山帯から亜高山帯の草地に生える。高さ10〜20センチ。花は白色。内側にW字形の黄色の斑点がある。葉は2個、長さ6〜10センチ。

撮影手記
 上越・平標山で撮影して以来、会えずにいるオノエランを目的として尾瀬へ。霧雨のなか、原生林を登ると、目の前にワタスゲタテヤマリンドウ咲く高層湿原が広がる。雨もやみ、カメラを取り出しカモメランを求めてゆっくりと歩く。
 
左 1985年7月7日  上越・平標山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
下 2012年6月17日 尾瀬
キャノン50D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ