ニョホウチドリ

危惧種1B類(EN)

ラン科ウチョウラン属

分布 中部・関東北部

花期 7〜8月

特徴
 亜高山帯の草地に生える、高さ10〜30センチの多年草。細長い葉を2〜3枚つける。花は紅紫色で一方に偏ってつける。唇弁が広く先は3裂し裂片は丸い。

撮影手記
 急な登り坂道はやがて草原にたどりつく。今回の目的はしニョウホチドリ。この仲間は分布が少なく、たとえ広くても園芸マニアの盗掘により絶滅の危機にさらされている。鉢植えの山野草など、どこに魅力あるのだろうか。野に咲く花は野にあってこそ美しい。

1991年7月7日  山梨県
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ