ニラバラン

ラン科ニラバラン属

分布  本州関東以西、四国、九州

花期 4〜5月

特徴
 葉が野菜のニラに似ていることから。明るい草地に生える多年草。茎の高さ10〜30センチ。葉は茎と同様な長さでねぎのような葉が一個。花は緑色で、茎頂に小さな花が密に20個程つく。
 
撮影手記
 まさかこんなところに生えているなんて。海岸近くの駐車場や道路脇の緑地帯の芝に。オオニワゼキショ・チチコグサモドキともに咲いていた。ランの花と言われても普通の人は気がつかないと思う。それがこのランには幸いしていると思う。

2001年5月13日  東京都
キャノンEOSー1 EF35ミリ
キャノンEOSー1 EF100ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ