ナギラン

危惧種1B類

ラン科シュンラン属 

分布 関東以西・伊豆諸島・四国・九州

花期  7月

特徴
 常緑樹林下に生える多年草。葉柄の長い20センチ前後の葉を2〜3個つける。萼片は2〜3センチで白色。2〜6個花がつく。

撮影手記
 千葉県鴨川市の海に近い里山へナギランの撮影に、MAさん、Kさんと行く。常用樹林のやや暗い床に咲いていた。ヤブ蚊をふりはらいながらの撮影。幸い、ヒルは当時はいなかった。渋みのある魅力ある花に見とれた。

1988年7月24日  千葉県鴨川 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ