ムカデラン

絶滅危惧2類

ラン科ムカデラン属

分布  8月

特徴
 日当たりの良い樹幹や岩場に着生する。茎と葉は名前の通り、ムカデの容姿に似る。長く延びた茎の節ごとに葉と同じ白い気根をだす。葉は互生する。花は葉の先に1センチ程の淡紅紫色を1個つける。唇弁は黄色、ずい柱は淡紅色を帯びる。

撮影手記
 バルセロナオリンピック・柔道のテレビ放送に夢中になって徹夜で見てしまい、始発電車に乗り、普通列車を乗り継いで静岡県へ。千葉県のKさんより情報いただきた自生地に。垂直の岩壁で、命がけの撮影。普通の三脚は使用できず。ミニ三脚に50ミリマクロのカメラを首にぶらさげて撮影した。アテネオリンピックの年に友人が撮影に行ったけれど盗掘されて、一株もなかったそうだ。

1992年8月2日 静岡県 キャノンF−1 FD50ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ