モミラン



2008年4月6日 奥多摩  キャノンEOS−1 EF100〜400L
ケンコー二倍テレコン(左)・ EOSD40 EF100〜400LズームLL(右)

ラン科カシノキラン属

分布 本州関東以西・四国

花期 4月
特徴
 モミ、カシ、カヤなどの樹幹に着生する。葉は革質で照りがあり、暗紫色の斑紋がある。長さ1センチで2列に互生する。花は、直径約5ミリ。薄い黄緑色の地に紫紅色の模様がはいる

撮影手記
 かなり昔、撮影仲間から中部地方において、モミランの撮影に誘われた。仕事のため私は行けなかった。後日、目の前でモミランを撮影したことを聞き、うらやましく思えてしかたなかった。
 その後、そのモミランは衰退してしまったことを聞いてから、なおさら、その日に撮影に行けなかったことを悔やんだ。話を聞くたびに・・・。
 その後、奥多摩において、モミランを撮影(上)することができたけれど被写体が遠く、望遠レンズ使ってなんとか撮影。自生の雰囲気は撮れたけれど 満足ぞくにはいたらなかった。
 そして、やっと夢はかなった。一時衰退していたモミランはその後、盛り返し、みごとな群落を作っていた。些細なことだけれども、念ずればいつの日か通じるものだと思った。

09年4月12日 中部地方
キャノン EOSD40  EF200ミリ
               EF50ミリマクロ
               タムロン90ミリ
下段 EOS−1  タムロン90ミリ
トップヘ  ラン科へ