ミヤマフタバラン

ラン科フタバラン属

分布 北海道・本州中部以北・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
 亜高山帯の針葉樹林の林床に生える、高さ15〜25センチの多年草。茎は紫褐色、葉は肉厚で光沢がある。花は淡緑色で唇弁が紅紫色を帯び、基部に小裂片がつく。

撮影手記
 富士山の樹林帯をTさん、MAさんと歩く。ほかほかの苔の絨毯にミヤマフタバラン、ヒメミヤマウズラ、コフタバラン、キソチドリの野生ランを見ることができた。ただ、林道を我が物顔で走る回るオフロード車には文句の一つでもいいたい。荒らすな!

1984年8月19日  富士山
キャノンAE−1  FD100ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ