クモラン

希種

ラン科クモラン属

分布 関東以西・四国・九州・奄美大島・沖縄

花期  5〜7月

特徴
 樹木に着生する無葉ラン。放射状に根が広がる。葉緑素を持ち、葉の役割をする。中心部からごく短い茎から花茎を出し、淡黄緑色を1〜3個つける。

撮影手記
 まさに名前の通りユーニクな姿のラン。葉はなく、蜘蛛の足のようなのものは根。幸いもに目の前に咲いていたので、ゆっくり落ち着いて撮影することができた。

左上 1990年7月15日 千葉県
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
右上 1988年7月24日 千葉県 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左  2016年7月3日 山梨県南部市
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ