クマガイソウ

絶滅危惧2類

ラン科アツモリソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 袋状の花を、熊谷直実の背負った母衣(矢除けの布製の袋)にたとえられたもの。茎の高さは20〜40センチ。葉は扇形で直径20〜40センチ。花は直径10センチ、唇弁が袋状になる。

撮影手記
80年代、JR成東駅の観光案内に「クマガイソウ自生地」と表記してあった。88年89年に撮影時できた場所には、今は一本ない。当時は山野草ブームの最盛期。人気ある野生ランは次々と盗掘されていた。
16年に久しぶりに撮影したクマガイソウ。いつまでもそこに咲いていて欲しい。

上 2016年4月29日 東京都  キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
  2017年5月5日 東京都 上段 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ 下段  オリンパスTG−4
1985年4月28日  埼玉県さいたま市 
キャノンF−1 FD50ミリマクロ
1988年4月28日  千葉県成東市
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1988年4月28日  千葉県成東市
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ