コクラン

ラン科クモキリソウ属

分布  茨城以南・伊豆諸島・四国・九州

花期  6〜7月

特徴
 常緑樹林内に生える多年草。偽球茎は多肉質。葉は広楕円形で先はとがり、長さ5〜12センチ。花茎の高さは15〜30センチ。暗紫色の花をつける。萼片は披針形で長さ1センチ。側弁花は腺形、唇弁は倒卵形で長さ約1センチ、反曲し、先端はへこむ。基部は2個の針状突起がある。

撮影手記
 葉は各地で見たけれどなかなか開花している時に出会えなかった。タシロランを撮影の前に自生地を訪ねて撮影。オオバノトンボソウにも思いがけずに出会えてラッキーであった。撮り直したい野草のひとつ。

左 1992年7月12日  三浦半島
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
左下 2015年7月19日 東京都 
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
右下 2016年7月17日 東京都 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ