コイチヨウラン

ラン科コイチョウラン属

分布 本州中部・四国

花期 7〜8月

特徴
 深山の針葉樹林帯の苔むしたなかに生える多年草。葉は1個。広卵形で長さ2〜3センチ。花茎は高さ10〜20センチ。小さな花を数個つける。萼片・花弁の長さは5〜6ミリ。唇弁に紅紫色の斑点がある。

撮影手記
 南アルプス南部、千枚だけの樹林帯の長い歩き。アリドオシランやコイチヨウランを見つけて重いリュックをおろして撮影した。遠くで雷の音が。千枚小屋まではちかづく雷と競争になった。

左上 1984年8月1日 南アルプス 千枚岳 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
右上 1995年7月30日 八ヶ岳   キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ