コフタバラン

ラン科フタバラン属

分布 北海道・本州・四国

花期 6〜8月

特徴
 亜高山帯の針葉樹林の林床に生える、高さ10〜20センチの多年草。花は直径3ミリ前後と小さい。黄緑色、唇弁は2裂し、裂片の先はとがる。葉は丸みのある三角形、幅1〜2センチ。

撮影手記
 北アルプス。薬師沢から雲の平への登り道で樹林下に咲くコフタバランを発見。地味な花だけれど、アップで見るとなかなか、めんこい花である。


左  1987年7月26日 北アルプス・薬師沢
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左下1986年8月26日 鳳凰山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
右下 2012年6月17日  富士山
キャノン50D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ