コアツモリソウ

準絶滅危惧種

ラン科アツモリソウ属

分布 北海道・本州・四国

花期  5〜6月

特徴
 山地の林下に生える高さ10〜20センチの多年草。葉は茎の先に3〜5cmの大きさで2枚対生する。
 花は2枚の葉の間から花茎を伸ばし、その先に垂れ下がって咲く。花は小ぶりで薄黄緑色から薄黄色の唇弁に赤い筋がある。

撮影手記
 樹林の中にひそむ妖精と言えるようなラン。

左 1989年5月24日 栃木県日光市
キャノンFー1 FD100ミリマクロ

下 1989年5月28日  千葉県  キャノンF−1 FD100ミリマクロ
下 2012年6月17日   山梨県 キャノン50D EF50ミリマクロ タムロン90ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ