キンセイラン

絶滅危惧1B類

ラン科エビネ属

分布 北海道・本州・九州

花期 6〜7月

撮影手記
 深山の林縁に生える高さ20〜30センチの多年草。葉は常緑。細長く、幅1.5〜3.5センチ位で3〜5枚つく。 側花弁は黄緑色で唇弁は黄色。中央にヒダの入った茶褐色の部分がある。花は3〜5個と少ない。

撮影手記
 89年に撮影した長野県の自生地は根こそぎ盗掘されてしまい、その後、キンセイランには出会えず。ある人の情報をもとに18年ぶりの再会。木漏れ日・風の強さという最悪の撮影条件。ムダにしたフィルム枚数の多かった。また撮影中は小虫がうるさく、口を開ければ入ってきて、何匹も虫を食べただろう。

上・1989年7月2日  長野県
左・左2004年6月6日 栃木県
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ